エーリヒ クライバー(英語表記)Erich Kleiber

20世紀西洋人名事典の解説

エーリヒ クライバー
Erich Kleiber


1890.8.5 - 1956.1.27
オーストリアの指揮者。
ウィーン生まれ。
プラハ音楽院プラハ大学で学ぶ。1912年ダルムシュタット宮廷歌劇場指揮者としてデビュー、デュッセルドルフなどを経て、’23年ベルリン国立歌劇場の音楽総監督。’34年ナチスの文化政策に反対して辞任。’36〜47年まで中南米で活躍後ヨーロッパ楽壇に復帰、’54年再びベルリン国立歌劇場主席指揮者となるが、翌年政治的理由で辞任。言葉のリズムとオペラの演出効果に傑出した才能を示し、オペラの指揮に独特の境地を開拓する。レコードフィガロの結婚」は名盤で、指揮者カルロス・クライバーは息子である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

エーリヒ クライバー

生年月日:1890年8月5日
オーストリアの指揮者
1956年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android