コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイミャコン村

1件 の用語解説(オイミャコン村の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オイミャコン村

ロシア・サハ共和国北東部、北極圏のやや南の北緯63度に位置する。人口約600人の大半がサハ人(ロシア名・ヤクート人)。ギネス世界記録に、人の定住地として世界最低気温の零下68度(1933年)が登録され、零下71・2度の非公式記録も残る。2千メートル級の山々に囲まれた深い盆地の底にあり、冷たい空気が沈み込むため、厳しい寒さとなるとみられる。夏場は30度以上になり、寒暖の差が激しい。

(2013-02-23 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オイミャコン村の関連キーワードサハ共和国ЯкутскЯкутОймяконСахаСреднеколымскВерхоянскコミ[共和国]サハ[共和国]モルドビア[共和国]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オイミャコン村の関連情報