オイラー(読み)おいらー(英語表記)Ulf Svante von Euler

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オイラー(Ulf Savante von Euler)
おいらー
Ulf Svante von Euler
(1905―1983)

スウェーデンの生理学者。ストックホルム大学カロリンスカヤ研究所医学部を1930年に卒業、母校で研究を続け、1939年に生理学教授。スウェーデン王立学士院会員。1966年からノーベル財団総裁。1946年に副腎(ふくじん)から分泌されるノルアドレナリンを発見、その生理作用の研究から、この物質が交感神経の伝達物質であることを確認した。この研究によってアクセルロッド、カッツとともに1970年にノーベル医学生理学賞を受賞した。1929年にノーベル化学賞を受賞したオイラー・ケルピンは彼の父である。[宇佐美正一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オイラーの関連情報