コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイルショック (oilshock:oilcrisis)

外国為替用語集の解説

オイルショック (oilshock:oilcrisis)

石油危機。第1次石油危機は1973年、第4次中東戦争を機に石油輸出国機構(OPEC)が生産量を減らし、石油の値段を4倍に引き上げた為に石油価格が高騰、それに伴って世界各国の経済は混乱し、物価が上昇した。第2次石油危機は1979年、イラン革命契機とした原油の高騰。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

オイルショック (oilshock:oilcrisis)の関連キーワード石油危機(oil crisis)オルターナティブテクノロジー国際エネルギー機関エネルギーミックス物価指数定期保険チャイナショックインフレ・ヘッジさっぽろ雪まつりレーガノミックスフリーマーケット逆オイルショック本州四国連絡橋オルタナティブ石炭火力発電所宇宙戦艦ヤマトコメリ[株]牛海綿状脳症ESCO事業省エネルック職能資格制度

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android