コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイルショック (oilshock:oilcrisis)

外国為替用語集の解説

オイルショック (oilshock:oilcrisis)

石油危機。第1次石油危機は1973年、第4次中東戦争を機に石油輸出国機構(OPEC)が生産量を減らし、石油の値段を4倍に引き上げた為に石油価格が高騰、それに伴って世界各国の経済は混乱し、物価が上昇した。第2次石油危機は1979年、イラン革命契機とした原油の高騰。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android