コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイルリフト oil lift; hydrostatic lift

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オイルリフト
oil lift; hydrostatic lift

定格運転時には十分厚い油膜を形成する動圧型のジャーナル軸受でも,起動・停止時には滑り速度が小さいため,油膜が非常に薄くなって固体接触状態に近づく。このような場合,軸受の中央部に小さなポケット (通常軸受投影面積の 2.5~5%) を設けて高圧の油を導けば,軸を容易に押上げて浮かすことができる。この目的でポケットを設けた軸受をオイルリフトまたは静圧揚力軸受という。重荷重の大型軸受につけ,起動・停止時にのみ使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オイルリフトの関連キーワード静圧軸受

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android