オイル・ダラー(英語表記)oil dollar

翻訳|oil dollar

世界大百科事典 第2版の解説

あいまいな概念のため明確な定義はないが,1973年の原油価格の大幅引上げにより,以後,中東産油国には多額の石油収入が発生し,使い切れない余剰外貨が生まれたが,これを一般に〈オイルダラー〉と呼ぶ。第4次中東戦争(1973年秋)をきっかけとして中東産油国は石油を武器として使うことを決定し,同年12月OPEC(オぺツク)総会において原油公示価格を一挙に1バレル当り12ドル近くにすることを決めた(戦前と比べると約4倍)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android