コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウギガニ(扇蟹) オウギガニ Leptodius exaratus

1件 の用語解説(オウギガニ(扇蟹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オウギガニ【オウギガニ(扇蟹) Leptodius exaratus】

房総半島以南の西太平洋,インド洋に広く分布する甲殻綱オウギガニ科のカニ(イラスト)。岩礁でもっともふつうに見られるカニの1種で,石の下にすみ,動きはあまり速くない。外敵に対してははさみ脚を振り上げて威嚇の姿勢をとることもあるが,はさみ脚と歩脚を縮めて死んだふりをすることが多い。甲幅4cm。甲は前方に開いた扇形で,甲域が明りょうに分けられ,前側縁に三角形の歯が五つある。暗青灰色から暗褐色まで個体により色彩はいろいろで,白色や灰白色不規則斑,黒褐色の大きな斑紋などがあることも多く,でこぼこの甲面とも合わせて,周囲に対するカムフラージュ効果があると考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オウギガニ(扇蟹)の関連キーワード房総半島ブラックタイガー御宿平草籬貝南アジア藜海老乙姫蝦真巨頭都鳥貝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone