コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウギガニ(扇蟹) オウギガニLeptodius exaratus

世界大百科事典 第2版の解説

オウギガニ【オウギガニ(扇蟹) Leptodius exaratus】

房総半島以南の西太平洋,インド洋に広く分布する甲殻綱オウギガニ科のカニ(イラスト)。岩礁でもっともふつうに見られるカニの1種で,石の下にすみ,動きはあまり速くない。外敵に対してははさみ脚を振り上げて威嚇の姿勢をとることもあるが,はさみ脚と歩脚を縮めて死んだふりをすることが多い。甲幅4cm。甲は前方に開いた扇形で,甲域が明りょうに分けられ,前側縁に三角形の歯が五つある。暗青灰色から暗褐色まで個体により色彩はいろいろで,白色や灰白色不規則斑,黒褐色の大きな斑紋などがあることも多く,でこぼこの甲面とも合わせて,周囲に対するカムフラージュ効果があると考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone