コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウレン(黄蓮∥黄連) オウレンCoptis japonica (Thunb.) Makino

1件 の用語解説(オウレン(黄蓮∥黄連)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オウレン【オウレン(黄蓮∥黄連) Coptis japonica (Thunb.) Makino】

山地の,とくに針葉樹林の林床に生えるキンポウゲ科多年草。漢名の黄蓮は別種のC.chinensis Franch.をさす。地下茎は横にはい,先に越冬する数枚の根生葉をつける。根生葉は1回,2回,または3~4回3出複葉で,それぞれキクバオウレンvar.japonica,セリバオウレンvar.dissecta (Yatabe) Nakai,コセリバオウレンvar.major (Miq.) Satakeとよばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone