コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウレン(黄蓮∥黄連) オウレンCoptis japonica (Thunb.) Makino

世界大百科事典 第2版の解説

オウレン【オウレン(黄蓮∥黄連) Coptis japonica (Thunb.) Makino】

山地の,とくに針葉樹林の林床に生えるキンポウゲ科の多年草。漢名の黄蓮は別種のC.chinensis Franch.をさす。地下茎は横にはい,先に越冬する数枚の根生葉をつける。根生葉は1回,2回,または3~4回3出複葉で,それぞれキクバオウレンvar.japonica,セリバオウレンvar.dissecta (Yatabe) Nakai,コセリバオウレンvar.major (Miq.) Satakeとよばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android