コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウレン(黄蓮∥黄連) オウレン Coptis japonica (Thunb.) Makino

1件 の用語解説(オウレン(黄蓮∥黄連)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オウレン【オウレン(黄蓮∥黄連) Coptis japonica (Thunb.) Makino】

山地の,とくに針葉樹林の林床に生えるキンポウゲ科多年草。漢名の黄蓮は別種のC.chinensis Franch.をさす。地下茎は横にはい,先に越冬する数枚の根生葉をつける。根生葉は1回,2回,または3~4回3出複葉で,それぞれキクバオウレンvar.japonica,セリバオウレンvar.dissecta (Yatabe) Nakai,コセリバオウレンvar.major (Miq.) Satakeとよばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オウレン(黄蓮∥黄連)の関連キーワード褐色土夏緑樹林広葉樹林硬葉樹林針葉樹林タイガ臼茸樹林宝鐸草林床

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone