コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオキンケイギク(大金鶏菊) オオキンケイギクCoreopsis lanceolata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオキンケイギク(大金鶏菊)
オオキンケイギク
Coreopsis lanceolata

キク科多年草で,北アメリカ原産。草丈は 20~80cm。葉は対生し,へら状または線状披針形で,おもに下部に集ってつく。分枝は少く,長くしなやかな花柄の先に,直径5~8cmの頭状花をつける。花色は鮮黄色で,花弁状の舌状花には粗い切れ込みが入る。一重咲きのほか,半八重咲きや八重咲き品種があり,花壇や鉢植えに利用される。土質は特に選ばないが,日当りのよい環境を好む。非常にじょうぶで,一度植えればほとんど放置状態で毎年花をつける。一部野生化している地域もみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android