コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオクワガタの飼育

1件 の用語解説(オオクワガタの飼育の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オオクワガタの飼育

国内最大級のクワガタで、自然での採集が難しかったオオクワガタは「黒いダイヤ」とも呼ばれ、体長70ミリを超す大きな個体は数十万円で取引されることも珍しくなかった。一方、愛好家らの間で菌床を詰めた「菌糸瓶」で幼虫を育てる養殖技術が90年代に広まった。99年には体長80ミリを超す養殖モノのオスに1千万円の値がついたと報じられたこともあったが、一般的には数千円で雌雄のつがいを購入できるようになった。半面、野生のものは絶滅の恐れがあるとされる。

(2010-11-02 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone