コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオシコロ

海藻海草標本図鑑の解説

オオシコロ

からだは直立し,叢生し,節を持つ。基部近くの形状は円柱状,上部に行くにつれ扁圧していき,先端では扁平な板状となる。分岐は叉状もしくは互生的な羽 状。上部の扁平した枝の節と節の間の部分(節間部)においては,規則正しく両縁から上側に向かってヘラ状の独立した羽枝を持ち,主軸部分は変形の六角形と なる。手触りは石灰質を多く含んでいるため石のように固まっており,硬くガサガサとしている。生体は濃ピンク色〜淡ピンク色。押し葉標本は台紙に付かな い。群落を形成する事が多い。エゾシコロに似るが,節間部の形状で区別を付ける事が出来る。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

オオシコロの関連キーワードサンゴモ(珊瑚藻)ニクサエダ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android