コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオセンザンコウ おおせんざんこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオセンザンコウ
おおせんざんこう / 大穿山甲
giant pangolin
[学]Manis gigantea

哺乳(ほにゅう)綱有鱗(ゆうりん)目センザンコウ科の動物。体長75~100センチメートル、尾長50~70センチメートル、体重30~35キログラム、胴の鱗(うろこ)は17列ある。セネガルほかの西アフリカ、ガボン、コンゴ民主共和国(旧ザイール)、ウガンダに分布し、森林やサバンナにすむが、木に登ることはなく、夜間地上で生活する。ときに後足のみで歩くこともある。日中は、ツチブタまたは自らが掘った穴の中で眠り、夜間、シロアリやアリなどを長い舌でとらえる。普通1産1子で、親は子を自分の背にのせて運ぶ。[齋藤 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオオセンザンコウの言及

【センザンコウ(穿山甲)】より

… 森林から草原まで,さまざまな環境にすみ,大部分の種は夜行性。オオセンザンコウManis(=Phataginus) gigantea,サバンナセンザンコウM.temmincki(イラスト),ミミセンザンコウM.pentadactylaなどの地上生の種と,オナガセンザンコウM.longicaudata(イラスト),キノボリセンザンコウM.tricuspisなどの樹上生の種があり,後者は尾を木の枝などに巻きつけて体を支えることができる。地上生の種は地下に掘った穴を,樹上生の種は木の洞を巣とする。…

※「オオセンザンコウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone