コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオツメクサ (corn) spurry

世界大百科事典 第2版の解説

オオツメクサ【(corn) spurry】

道端や耕地に生えるナデシコ科一年生帰化植物基部で枝分れした後,立ち上がり,高さ20~30cmの株立ちになる。葉は線形で,基部に托葉があり,対生するが,葉腋(ようえき)には短い枝についた葉が10~20枚ほどあり,輪生しているように見える。6~8月,茎の先に大きな集散花序をつける。花は直径5mmほどの小さなもので,花弁は白色,切れ込みはない。花柱は5本,おしべは5本から10本。果実は卵形で,先は5裂する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android