コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオツメクサ (corn) spurry

1件 の用語解説(オオツメクサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオツメクサ【(corn) spurry】

道端や耕地に生えるナデシコ科の一年生の帰化植物。茎は基部で枝分れした後,立ち上がり,高さ20~30cmの株立ちになる。葉は線形で,基部に托葉があり,対生するが,葉腋(ようえき)には短い枝についた葉が10~20枚ほどあり,輪生しているように見える。6~8月,茎の先に大きな集散花序をつける。花は直径5mmほどの小さなもので,花弁は白色,切れ込みはない。花柱は5本,おしべは5本から10本。果実は卵形で,先は5裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオツメクサの関連キーワードビスカリアアメリカ撫子牛繁縷高嶺撫子爪草蚤の衾節黒麦撫子虫取撫子藤撫子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone