オオハネガイ(読み)おおはねがい

  • Acesta goliath
  • おおはねがい / 大羽貝

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軟体動物門二枚貝綱ミノガイ科の二枚貝。大形種で、殻長12センチメートル、殻高17センチメートルに達する縦長の卵形、左右がやや膨らんでいる。殻は薄質、黄白色で光沢が強く、弱い成長脈がある。前縁は直線的で狭い足糸開口があり、前耳は後耳に比べ著しく小さい。両殻片はかみ合わせ((こうばん))の中央にある大きい靭帯(じんたい)によって連結している。本州の東北地方以南から、西南日本にかけての水深200~1000メートルぐらいの海底にすんでいる。なお日本海側には、近縁で細い放射肋(ろく)があるスミスハネガイA. smithiがすむ。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオハネガイの言及

【ミノガイ(蓑貝)】より

…房総半島以南に分布する。オオハネガイAcesta goliathは大型で高さ17cmに達し,相模湾以北および日本海の水深100~200mに分布する。採取して食用にする。…

※「オオハネガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android