オオハンゴンソウ(大反魂草)(読み)オオハンゴンソウ(英語表記)Rudbeckia laciniata; cut-leaved coneflower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオハンゴンソウ(大反魂草)
オオハンゴンソウ
Rudbeckia laciniata; cut-leaved coneflower

キク科の大型多年草で,北アメリカ原産。日本でも農家の庭などによく植えられている。茎は高さ 1.5~2m,葉は羽状に深く裂け,上部の葉は全縁。夏から秋にかけて,黄色の頭状花をつけ,長く垂れ下がる少数の舌状花がある。八重咲きのものをハナガサギクという。なお本種に似ているが,やや草丈が低く,葉は分裂せず,毛の多いものをアラゲハンゴンソウまたはキヌガサギク R. hirtaという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android