コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバキスミレ(大葉黄菫) オオバキスミレViola brevistipulata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオバキスミレ(大葉黄菫)
オオバキスミレ
Viola brevistipulata

スミレ科の多年草で,本州以北のおもに日本海側の山地,亜高山帯に分布する。林床,林縁,草地などに生じ,高さ 15~30cmになる。葉は茎に通常3~4枚つく。葉身は卵形で先は鋭くとがり長さ5~10cm,辺縁には不規則な鋸歯がある。托葉は離生し,長さ4~7mm。5~7月,葉腋から黄色い花を1つずつつける。花は径 1.5cmで,唇弁と側弁には紫褐色の条線がある。側弁の基部には毛があり,唇弁の距はごく短い。変異に富む種類でさまざまな型が知られている。北海道には葉が輪生状につくエゾキスミレ V.brevistipulata var.hidakana,本州にはこれに似たミヤマキスミレ V.brevistipulata var.acuminataが分布する。このほかに産地が局限されたナエバキスミレ,ダイセンキスミレがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android