コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバノコギリモク

海藻海草標本図鑑の解説

オオバノコギリモク

付着器は大きな円錐状(直径3〜4cm程度)。茎は円柱状で少数回分枝し,長さは数cmで,頂部から主枝を螺旋状に数本生じる。主枝は長く,幅広な (1cm程度)二稜形で,縁辺部は薄くなり,鋸歯を不規則に持つ。葉は中肋を持ち,楕円形から披針形で,枝から反曲して生じ,非常に大きく(長さ 20cm,幅3cm程度まで),縁辺部に不規則な鋸歯,重鋸歯を持つ。気胞は柄を持ち,球形から楕円体で,頂端は尖るか,冠葉をつける。秋に成熟する。雌 雄異株。雌性生殖器床はヘラ状で,扁平であり,雄性生殖器床は細い円柱状である。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android