コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバノコギリモク

1件 の用語解説(オオバノコギリモクの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

オオバノコギリモク

付着器は大きな円錐状(直径3〜4cm程度)。茎は円柱状で少数回分枝し,長さは数cmで,頂部から主枝を螺旋状に数本生じる。主枝は長く,幅広な (1cm程度)二稜形で,縁辺部は薄くなり,鋸歯を不規則に持つ。葉は中肋を持ち,楕円形から披針形で,枝から反曲して生じ,非常に大きく(長さ 20cm,幅3cm程度まで),縁辺部に不規則な鋸歯,重鋸歯を持つ。気胞は柄を持ち,球形から楕円体で,頂端は尖るか,冠葉をつける。秋に成熟する。雌 雄異株。雌性生殖器床はヘラ状で,扁平であり,雄性生殖器床は細い円柱状である。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオバノコギリモクの関連キーワード錐状体ピトン円錐細胞大差野蕗矢車草夜衾草九曜紋錐状マコンブ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone