コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバヤナギ(大葉柳) オオバヤナギ Toisusu urbaniana (Seemen) Kimura

1件 の用語解説(オオバヤナギ(大葉柳)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオバヤナギ【オオバヤナギ(大葉柳) Toisusu urbaniana (Seemen) Kimura】

本州中部以北,北海道の温帯域のゆるやかな川にそった砂礫地(されきち)に生えるヤナギ科の落葉高木(イラスト)。北海道の河岸林を代表する植物の一つ。学名のToisusuアイヌの呼名からとったもので,toyは墓,susuはヤナギを意味するといわれる。幹は直立し,高さ20mに達する。樹皮は灰褐色で縦に裂ける。葉は長楕円形,長さ10~20cm,ふちには細鋸歯があり,裏面は粉白色。葉柄基部に長さ5~8mmの托葉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオバヤナギ(大葉柳)の関連キーワードアカハラ大寿林小椋鳥雀鯛緩やか岩黄耆兎菊糠蝦姫鍬形紅日陰蝶

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone