コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバンヒザラガイ(大判石鼈貝) オオバンヒザラガイ Cryptochiton stelleri

1件 の用語解説(オオバンヒザラガイ(大判石鼈貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオバンヒザラガイ【オオバンヒザラガイ(大判石鼈貝) Cryptochiton stelleri】

背上に殻がまったく見えないヒザラガイオオバンヒザラガイ科の軟体動物。殻の長さ20cm,幅10cm,膨らみ2cmくらいで,最大のものでは長さ43cmにも達する大型種。背上はがさがさしたビロード様の外套(がいとう)で覆われて,前後に並ぶ胡蝶(こちよう)形の白い殻はその下に隠れている。この殻を北海道の観光地ではコチョウガイの名で売っている。下面は黄橙色の広い足で,これで岩に付着して緩やかにはう。足と外套の間のくぼみに多くのえらがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のオオバンヒザラガイ(大判石鼈貝)の言及

【ヒザラガイ(石鼈貝)】より

…殻は通常重なり,前後端の殻は半円形で,中間の6枚は横長で山形に膨れる。種類によってはババガセのように後方へ片寄った種,ケムシヒザラガイのように殻が小さく離れている種,オオバンヒザラガイのように殻が肉帯でおおわれ外に現れない種などがある。殻のまわりの肉帯は通常小鱗や小棘(しようきよく)が密生している。…

※「オオバンヒザラガイ(大判石鼈貝)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオバンヒザラガイ(大判石鼈貝)の関連キーワード多板類ざら紙膝皿膝の皿膝骨掻い膝話が見えない火皿貝フラッシュドア盲聾

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone