コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオブサ

1件 の用語解説(オオブサの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

オオブサ

からだはやや扁圧した線状。枝は互生または対生に羽状に出る。枝は多数の小枝を密に付ける。付着器は糸状根である。皮層は2〜3層の丸い細胞からなり,髄層は大型の無色の細胞からなり糸状細胞が混ざる。手触りはやや硬い。生体は濃紅色。マクサに似るが,体がマクサよりやや固く,大型になり,小枝が枝の一個所からまとまって生える事などから区別できる。マクサやオニクサ,オバクサなどとともに”テングサ(天草)”と呼ばれ,寒天の原藻として利用されている。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオブサの関連キーワードイギス玉体牛頭薄田隼人姿態圧し口マコンブ鉛筆構造クロモ後屈立ち

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone