コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオブサ

海藻海草標本図鑑の解説

オオブサ

からだはやや扁圧した線状。枝は互生または対生に羽状に出る。枝は多数の小枝を密に付ける。付着器は糸状根である。皮層は2〜3層の丸い細胞からなり,髄層は大型の無色の細胞からなり糸状細胞が混ざる。手触りはやや硬い。生体は濃紅色。マクサに似るが,体がマクサよりやや固く,大型になり,小枝が枝の一個所からまとまって生える事などから区別できる。マクサやオニクサ,オバクサなどとともに”テングサ(天草)”と呼ばれ,寒天の原藻として利用されている。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

オオブサの関連キーワードテングサ天草

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android