コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオブタクサ(大豚草) オオブタクサAmbrosia trifida; buffalo weed; great ragweed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオブタクサ(大豚草)
オオブタクサ
Ambrosia trifida; buffalo weed; great ragweed

キク科の一年草。クワモドキともいう。北アメリカ原産で,1952年清水港で初めて確認されたが,その後日本各地に帰化し,現在では市街地の空地や河岸などにしばしばみられる。茎は直立して大きくなり,高さ 3mほどになる。原産地では 6mにも達するという。葉は長い柄があって対生し,掌状に3~5裂して長さ 20~30cmになる。花は夏から秋に開き,雌雄同株であるが,雄性の頭状花は枝先に多数集って細長い穂をつくり,雌性の頭状花はその下方に数個つく。同属のブタクサ (豚草) とともに花粉症の原因となる植物の一つである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone