コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオミミギツネ(大耳狐) オオミミギツネbat‐eared fox

世界大百科事典 第2版の解説

オオミミギツネ【オオミミギツネ(大耳狐) bat‐eared fox】

昆虫を主食とする食肉目イヌ科の哺乳類(イラスト)。アフリカの東部(エチオピアからタンザニアまで)と南西部(ナミビア南アフリカ)の草原に分布。体長50~70cm,尾長25~35cm,体重2.5~5kg,名のように耳介は異常に大きく10cm前後。体の上面灰褐色,尾と四肢の前・外面,顔は黒褐色。一見キツネに似るが頭が小さいほか,臼歯(きゆうし)が上下とも1~2対多く,歯の総数はキツネ,タヌキ,イヌなどイヌ科動物の大多数のものが42本なのに対し46~50本ある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android