コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オガラバナ(麻幹花) オガラバナAcer ukurunduense

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オガラバナ(麻幹花)
オガラバナ
Acer ukurunduense

カエデ科の落葉小高木。近畿地方以北の本州および北海道の山地に生育し,幹は高さ約 3mに達する。葉は長い柄 (5~12cm) をもって対生し,五角状円形で長さ7~14cm,幅5~15cm,掌状に浅く5~7裂し,各裂片の縁には重鋸歯がある。7月頃,若い枝の先に直立した総状花序をつくり,黄緑色の花を多数つける。花には雄花両性花があり,1つの株に共存する。萼片花弁はともに5枚で,おしべは8本。子房は初め毛を密生するが,果期にはほとんど無毛になり,2個の分果は長さ 1.5~2cmで斜めに開出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android