コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキシライド電池 おきしらいどでんち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オキシライド電池

2005年4月に松下電器産業が発売した新しい乾電池で、「オキシライド」は原料のオキシ水酸化ニッケルから命名した造語。アルカリ電池の約1.5倍の寿命を実現している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

オキシライド電池

1964年にアルカリ乾電池が登場して以来、筒型乾電池としては40年ぶりに開発された新型乾電池。従来の単3形電池とは完全互換する。松下電器産業によると、アルカリ乾電池に比べて約1.5倍、デジタルカメラでの使用時では、平均約2倍の持続時間を実現したとしている。オキシライドは、原材料のオキシ水酸化ニッケル(Oxy Nickel Hydroxide)から命名した造語。正極の材料として、オキシ水酸化ニッケルと、新しく開発された新二酸化マンガンと新黒鉛を採用。正極材料の注入量を増量し、配合割合を調整して維持電圧を向上させた。また、高注液システムの採用で、電解液も増量された。

(市村禎二郎 東京工業大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

オキシライド電池の関連キーワードラムサール条約日本のラムサール条約登録湿地小泉純一郎内閣APEC[各個指定]工芸技術部門リー イーユンアンドルー ジョーンズロナウジーニョいたばし太郎