コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクラホマ[州] オクラホマ

2件 の用語解説(オクラホマ[州]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オクラホマ[州]【オクラホマ】

米国中央,南部の州。略称Okla.,OK。ミシシッピ川の支流レッド川の北岸にあり,北東部をアーカンソー川が流れる。西部はグレート・プレーンズに属する高原丘陵地。
→関連項目クリーク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オクラホマ[州]【Oklahoma】

アメリカ合衆国中南部の農牧業州。略称Okla.。連邦加入1907年,46番目。面積18万1089km2。人口330万(1996)。州都および最大都市はオクラホマ・シティ。州名はチョクトー・インディアン語に由来し,〈赤いhumma人々okla〉を意味する。1803年のルイジアナ購入の一部としてフランス領からアメリカ領となった。西部には乾燥したグレート・プレーンズの大平原が広がる。東部はアーカンソー川,レッド川などがゆるやかに東流する流域平野と,オザーク台地やウォシト山地の丘陵部とからなり,より湿潤でプレーリーや森林が広くみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

オクラホマ[州]の関連キーワードオクラホマ[州]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone