コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゴタイ・ハーン国 オゴタイハーンこく

百科事典マイペディアの解説

オゴタイ・ハーン国【オゴタイハーンこく】

1224年ごろオゴタイ・ハーンが建てた国で,モンゴル帝国の一部をなす。首都イミール。アルタイ山脈の南部を領有。モンゴル帝国,続いて朝に対したびたび反乱し,ことにオゴタイの孫ハイドゥはフビライ(世祖)に敵対すること30年。
→関連項目四ハーン国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

オゴタイ・ハーン国の関連キーワードチャガタイ・ハーン国オゴタイ・ハーンアルタイ[山脈]元(王朝)世祖(元)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android