コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オシエツキー,C.von おしえつきー

世界大百科事典内のオシエツキー,C.vonの言及

【トゥホルスキー】より

…批判論難のおもな対象は,人間抑圧的性格を大戦後も温存する官僚機構,軍隊,司法,市民の俗物根性であり,とくに排外的愛国主義であったが,ベルリン方言の特徴を巧みに生かした軽妙で辛辣な語り口がその論旨と魅力的に支えあって,人気を博した。1924年以降は在パリ通信員,26年末に主宰者急死のため《ウェルトビューネ》の編集を引き受け,翌年オシエツキーCarl von Ossietzky(1889‐1938)に引き継いだ。この10ヵ月間を除き故国にはもはや帰らず,29年にはスウェーデンに移住する。…

※「オシエツキー,C.von」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オシエツキー,C.vonの関連キーワード官房学派パトチュカ利益法学ヘルダー教会シュラーギントワイト兄弟ドクトル・マブゼSiemensシュレーゲルフンボルトモルトケ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android