オジロワシ(尾白鷲)(読み)オジロワシ(英語表記)white‐tailed eagle

世界大百科事典 第2版の解説

オジロワシ【オジロワシ(尾白鷲) white‐tailed eagle】

タカ目タカ科の(イラスト)。全長70~95cm,開張は180~240cmに及び,イヌワシとほぼ同大の大きなワシ。成鳥のが白いことからこの名がある。ユーラシア大陸の北部に広く分布し,極北部のものは南下して越冬する。日本では北海道で少数が繁殖し,冬には九州南部まで渡るものがある。海岸や大きな湖沼の近くにすみ,水面近くに浮き上がってきた魚を大きな鋭い足のつめで巧みにとらえる。カモなどの鳥を捕食することも多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android