コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オタカル[2世] Otakar II Přemysl

世界大百科事典 第2版の解説

オタカル[2世]【Otakar II Přemysl】

1230ころ‐78
プシェミスル朝(900‐1306)のボヘミア王。在位1253‐78年。ドイツ名オットカールOttokar。オーストリアバーベンベルク家の断絶後,オーストリア,シュタイアーマルクなどを奪取し,一方でドイツ騎士団を支援して,東プロイセンを破り,バルト海に居城を置くなど,王国の勢力拡大に努めた。さらに神聖ローマ帝国の帝位をうかがうが,ハプスブルク家のルドルフの阻止にあう。1278年ルドルフと中欧の覇権を争って戦ったが,モラバ川右岸のマルヒフェルトで敗死。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオタカル[2世]の言及

【チェコ】より

…その結果,プシェミスルの諸侯のなかにはブラチスラフ2世(在位1061‐92)のように皇帝から王の称号を手に入れた者もあったが,それらはいずれも一代限りであった。12世紀末に出たプシェミスル・オタカル1世Přemysl Otakar I(在位1198‐1230)は初めて世襲の王号を獲得し(1198),1212年にはボヘミア王国の独立が正式に承認された。のちにボヘミア王国は実質的にオーストリア・ハプスブルク家の支配下に入るが,王国としての形態は1918年まで保った。…

※「オタカル[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オタカル[2世]の関連キーワード北条時氏アルフォンソ9世オタカル1世ベレンガリアレオポルト6世次世代スーパーコンピューター淀川水系4ダム淀川水系4ダム計画崇福寺滄浪詩話

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android