オットー(読み)おっとー(英語表記)Marcus Salvius Otho

  • 32―69

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローマ皇帝(在位69.1~4)。「69年内乱」の際の4皇帝の1人。ネロ帝の遊び仲間で、帝の愛人ポッパエア・サビナの夫。58年以来ルシタニア州総督に任ぜられ、体よくローマを追われていた。68年、隣州の総督ガルバのネロ打倒と登極に協力し、ともに首都に帰還したが、予期に反して養子とされなかったため、近衛(このえ)軍と結託してガルバ帝を殺害(69年1月15日)、即位してネロの後継者をもって任じた。だが、彼を承認したのは東部諸属州のみであり、西部の支持を得た下ゲルマニア州総督ウィテリウスは、オットーの共同統治の提案を退け、イタリア侵入の構えをみせた。両軍はクレモナ近郊のベトリアクムBetriacumで会戦(69年4月14日)、敗北したオットーは同16日自害した。[栗田伸子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オットーの関連情報