コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オットー2世 オットーにせいOtto II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オットー2世
オットーにせい
Otto II

[生]955
[没]983.12.7. ローマ
ザクセン朝第3代のドイツ王 (在位 961~983) ,神聖ローマ皇帝 (在位 967~983) 。オットー1世 (大帝) の子で,967年神聖ローマ皇帝となる。バイエルンを抑圧し (974~978) ,978年ボヘミア王ボレスラフ2世を征討。さらに同年ロートリンゲンに侵入した西フランク王ロテールを追撃してパリにいたった。 980年全イタリアに皇帝権を拡大すべくイタリアに遠征し,982年南イタリアのアラブ人を攻撃したが失敗。 983年息子オットー3世をドイツ王位にあげ,ペトルス・フォン・パビアを教皇ヨハネス 14世とし,第2次イタリア遠征軍を起そうとしてローマで急死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オットー2世の関連キーワードヨハネス16世(17世)ヨハネス15世(16世)シュコーフィアロカボニファチウス7世ベネディクツス7世ハラール(青歯王)シルウェステル2世ミェシコ(1世)オットー[3世]オットー(1世)ヨハネス(1世)ヨハネス[1世]オットー(3世)オットー[1世]アーデルハイトオーストリア史神聖ローマ帝国ヨハネス13世ヨハネス14世ボレスラフ2世