コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オッピウス Oppius, Gaius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オッピウス
Oppius, Gaius

前3世紀末のローマの政治家。前 215年護民官 (トリブヌス・プレビス ) に就任。オッピウス法を成立させたことで知られる。この法は戦時婦女子の贅沢を禁止したもので,半オンス以上の黄金の所持,多色の服装,2頭立て馬車の乗車禁止を含んでおり,前 195年にも再施行された。

オッピウス
Oppius, Gaius

前1世紀在世したローマの政治家。文人としても知られる。ユリウス・カエサルの友人で部下であった。のちオクタウィアヌス (アウグスツス ) を支持。 M.キケロと文通し,スキピオ・アフリカヌス (大スキピオ) ,カエサルらの伝記を著述,またカイサリオン (プトレマイオス 15世カエサル ) はカエサルの子ではないとのパンフレットを書いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オッピウスの関連キーワードプトレマイオスローマ七丘

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android