コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オデイオン odeion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オデイオン
odeion

ギリシア・ローマ時代の音楽堂。古代ギリシアの野外劇場では楽器の音が聞えにくかったため劇場とは別に建てられたが,のち議会や裁判にも用いられた。プルタルコスによると,前 435年頃に建てられたペリクレスのオデイオンには屋根が設けられていたと伝えられるが,M.ウィトルウィウスは,前 86年に焼失したとしている。アテネにあるヘロデス・アッティクスのオデイオンは 160年に建造されたもので保存の状態が最もよい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android