コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトシ

日本音楽の用語。「落し」の字をあてる。 (1) 義太夫節その他の浄瑠璃で,一応の終止感をもつ漸次緩徐となる下降旋律をいう。その種類はいろいろあり,種目によっても相違がある。 (2) 山田流箏曲においては,長唄三味線のナガシに相当する同一音を次第にアッチェレランドして弾く技法をいう。キザミともいう。 (3) 生田流箏曲では,組歌などで声を1オクターブ低くすること。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オトシの関連キーワード落とし文・落とし書・落し文・落し書アクアタツノオトシゴ(竜の落し子)モモチョッキリゾウムシヨウジウオ(楊子魚)チョッキリゾウムシゾウムシ(象虫)ヒッポカンポスシーホースくんタツノオトシゴシードラゴン弁開 凧次郎平塚 八兵衛海馬(動物)タカクラタツヨウジウオプロテアス脚長象鼻虫平塚八兵衛武田 鶯塘

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android