オトメダカラ(英語表記)Cypraea hirasei; Hirase's cowry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトメダカラ
Cypraea hirasei; Hirase's cowry

軟体動物門腹足綱タカラガイ科。高 4.8cm,左右径 3.1cm,背腹径 3.1cm。殻は倒卵形で前端へ細くなる。螺塔は小さく低く,成貝では滑層でおおわれる。体層は非常に大きく殻の大部分を占める。成貝では背面が丸くふくらみ,光沢があり,淡紅色の地に中央の大きい紫褐色斑と左右両側方に多くの小斑がある。腹面は白色,殻口は前後に長く狭く,内外唇に多くの歯がある。和歌山県以南オーストラリア東岸までの水深 60~500mの砂泥底にすむ。テラマチダカラ C.teramachii,ニッポンダカラ C.langfordiとともに日本三名宝とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android