オトラント海峡(読み)オトラントかいきょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オトラント海峡
おとらんとかいきょう
Strait of Otranto

イタリア半島南東端のオトラント岬とアルバニア西海岸との間にある海峡。アドリア海とイオニア海とを結ぶ。最狭部は約70キロメートル、最深約1000メートル。第一次世界大戦中、この海峡の封鎖をめぐって、オーストリア軍とイタリア・フランス軍との間で激戦が繰り広げられた。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android