コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニゲシ(鬼罌粟)(読み)オニゲシ(英語表記)Papaver orientale; Oriental poppy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニゲシ(鬼罌粟)
オニゲシ
Papaver orientale; Oriental poppy

ケシ科多年草で,西アジアから地中海地方にかけての原産とされる。観賞用に栽培され,日本へは明治時代に渡来した。長い柄のある根生葉をもち,茎は高さ 1mあまり。茎葉は羽状に深く裂け長さ 20~30cm。茎,葉ともに剛毛が密生する。春遅く,茎頂に径4~5cmもの深紅色の5 (4~6) 弁花を開く。おしべは多数あって (やく) は紫黒色で目立つ。ケシに似るが大型で毛が多く,荒々しい感じからこの名がある。ケシと違ってモルヒネなどの麻薬成分は含まない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android