コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニサザエ Chicoreus asianus; Asian murex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニサザエ
Chicoreus asianus; Asian murex

軟体動物門腹足綱アクキガイ科。別名キエボラ高 9cm,殻径 5cm。殻はこぶし形で,螺層には 120°ごとに太い縦肋があってその上に棘を生じるが,肩にあるものが最も大きく上方へ曲る。肋間には2列の結節がある。殻口は卵円形,殻口内は紫白色であるが縁部は紅色。ふたは厚い革質で卵形,核は下端にある。軟体の鰓下腺から出る粘液は日光にさらされると紫紅色に発色する。房総半島以南,西太平洋の水深 30m以浅の岩磯にすむ。夏に高さ 1.5cmの花瓶形の黄白色の卵嚢を岩上に産む。近縁種テングガイ C.ramosusは殻高 20cmに達する大型種。肩の棘は短く,肋間の結節は1列で,奄美群島以南の熱帯太平洋に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オニサザエ【Chicoreus asianus】

アクキガイ科の巻貝。形がサザエのように大きい突起があるのでこの名がある。しかし,サザエとは系統上縁は遠く殻に真珠光沢はなく蓋も革質で石灰質でない。別名キエボラ。殻の高さ9cm,太さ5cm。厚くて拳形の殻を三分するように120度ごとに強い肋があり,その上に角状の突起がある。肩にあるのがもっとも大きく,長さ2.5cmに達する。殻表には細い肋がある。殻口はまるく,その外縁は太い肋と重なって厚く,成貝では殻口のまわりが紅色になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニサザエ
おにさざえ / 鬼栄螺
Asian branched murex
[学]Chicoreus asianus

軟体動物門腹足綱アクキガイ科の巻き貝。殻に棘(とげ)の多い点がサザエに似ているとしてこの名があるが、分類上は縁遠く、科ばかりでなく目の段階でも異なる。別名をイワボラという。キエボラという名は漢字名の読み違えによるもので、正しい呼び名ではない。房総半島以南、西太平洋の各地に分布し、潮間帯から水深20メートルぐらいまでの岩礁に多く、イセエビをとる底刺網に多くかかる。殻高90ミリメートル、殻径50ミリメートルになり、螺層(らそう)には120度ごとに太い縦肋(じゅうろく)があり、この上に樹枝状に開いた棘が出る。とくに肩の棘は太くて長く、いくぶん後方に反り、25ミリメートルにもなる。殻口は卵形で殻内は白いが、縁は淡紅色。蓋(ふた)は卵形で革質。夏季に黄白色の高さ15ミリメートルぐらいの花瓶状の卵嚢(らんのう)を固めて産み付ける。ほかの貝を穿孔(せんこう)して食べる肉食性である。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オニサザエの関連キーワード鬼蠑螺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android