コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニフスベ(鬼瘤) オニフスベLanopila nipponica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニフスベ(鬼瘤)
オニフスベ
Lanopila nipponica

担子菌類腹菌目ホコリタケ科のキノコ。径 15~20cmの球形の子実体を形成する。その表面は革質,初め白いがのちに黄褐色になり,乾くに従ってはげる。内部は初め白いがのちに黄褐色となり,最後には紫褐色の古綿状になる。この実質に多数の担子胞子を生じ,破れるとともに散逸する。夏秋に,タケ藪,ごみ捨て場などに突然発生するので驚くが,珍しいものではない。ヤブダマ (藪玉) ともいう。まだ胞子を生じるにいたらない若いものは食べられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android