コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オノエラン(尾上蘭) オノエランChondradenia fauriei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オノエラン(尾上蘭)
オノエラン
Chondradenia fauriei

ラン科の多年草和名は峰の頂上に生えるランの意で,本州中部以北の高山の向陽草地に生える。茎は高さ8~15cmほどで全体無毛。株もとから長さ 10cm,幅 4cmほどの楕円形で無柄の葉を2 (3) 枚出す。6~8月,3~4個の白色花を同方向に向けて半開する。唇弁は内面基部にW字状の黄色部があり,先端中央がややくぼむ。距は長さ約 4mmで,楕円状球形をなし,基部がくびれる。日本の特産種で,この属は近縁のハクサンチドリ属 Orchisとは,根茎が紐状で球根状にならないこと,花粉塊の粘着体が小胞に包まれず露出していることで区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オノエラン【オノエラン(尾上蘭) Condradenia fauriei Sawada ex F.Maekawa(=Orchis fauriei Finet)】

日本特産のラン科植物。亜高山帯または温帯上部の草原に生える。和名は山の尾根筋に生えることを表している。塊根はあまり肥厚せず,ひも状。茎は高さ10~15cm,2枚の葉を地表近くにやや対生状につける。葉は長楕円形で長さ6~10cm。花は6~7月に通常3~6個をやや密につけ,白色,直径約1cm,やや釣鐘状に開く。萼片および花弁は長さ10mm前後。唇弁はくさび形で全縁,内面基部にW形の黄色い斑紋がある。距は短く,約3mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オノエラン(尾上蘭)の関連キーワードorchis

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android