コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オバマ大統領の人種政策

1件 の用語解説(オバマ大統領の人種政策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オバマ大統領の人種政策

オバマ大統領は2008年の大統領選で、移民制度改革を主要な公約に掲げた。国境警備や不法移民の雇い主に対する取り締まりを強化する一方で、不法移民の市民権取得に道を開く内容だった。オバマ氏は就任から1年以内に包括的な移民制度改革法を策定すると公約したが、いまだに法案化されていない。オバマ氏は大統領選中、黒人が長年不満を抱いてきた、人種の要素を加味する犯罪捜査の禁止も訴えるなど、人種差別を是正する公約を掲げたが、目立った成果をあげていない。

(2010-09-10 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オバマ大統領の人種政策の関連キーワードクリントン大統領府CEAバラクHオバマWJクリントン大統領選挙(Presidential election)大統領サイクルチャベス・ベネズエラ大統領インドネシアの総選挙、大統領選挙イランの大統領選

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone