コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オバマ大統領の移民・雇用政策

1件 の用語解説(オバマ大統領の移民・雇用政策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オバマ大統領の移民・雇用政策

オバマ氏は08年の大統領選で、国境警備を強化する一方で、国内の不法移民には合法労働者として働く道を開く包括的な改革を就任後1年以内に策定すると公約した。しかし、共和党の反発が強く頓挫。代替策として、親に連れられて入国した若く高学歴の不法移民に限定した移民改革法の成立を目指したが、これも阻まれた。9%前後で高止まりしている失業率を改善するために今年9月に打ち出した4470億ドル(約35兆円)の雇用対策も、共和党との協議が難航している。

(2011-12-18 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オバマ大統領の移民・雇用政策の関連キーワードヒラリーバラクHオバマWJクリントン大統領選挙(Presidential election)コンゴ大統領選チャベス・ベネズエラ大統領次期大統領の就任までの流れオバマ大統領の人種政策共和党の大統領候補指名争い米の移民制度改革

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone