オバマ政権のアジア重視戦略

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オバマ政権のアジア重視戦略

軍事面では、イラク・アフガニスタンから中国が台頭するアジア地域へのシフト、経済面では成長著しいアジア市場への輸出を拡大し、自国の成長につなげることを柱とする。当初は「旋回」を意味する「ピボット」と呼んでいたが、欧州や中東からの批判を受け、現在は「リバランス(再均衡)」という言葉を使っている。

(2013-10-05 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android