コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オバルディア Obaldia, René de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オバルディア
Obaldia, René de

[生]1918
フランスの劇作家,小説家。最初はシュルレアリスムから出発し,のちに風刺と諧謔に満ちた独自の作品で第2次世界大戦後のフランス演劇界に名をなす。主要作品は『ジュヌージー』 Genousie (1960) ,『カイエンヌの胡椒』 Poivre de Cayenne (61) ,『町のサチュロス』 Le Satyre de la villette (63) ,『知られざる将軍』 Le Général inconnu (64) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オバルディア
おばるでぃあ
Ren de Obaldia
(1919― )

フランスの劇作家、詩人、小説家。香港(ホンコン)に生まれる。長詩『正午』(1949)でルイ・パロ賞、小説『ワーテルローへの逃避行』(1956)でブラック・ユーモア賞を受賞するが、本領は1950年代から書き始めた劇作である。『七つの余暇の即興劇』と題する七つの小品が小劇場で上演されたのち、『ジェヌーズ語』が60年に国立民衆劇場レカミエ座で初演され、さらに65年ミシェル・シモン主演で西部劇のパロディー『ササフラスの枝にそよぐ風』がグラモン座で上演されるに及んで一躍人気劇作家となった。[利光哲夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オバルディアの関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))芥川龍之介アポリネール

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android