コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オビクラゲ(帯水母) オビクラゲVenus’s girdle

世界大百科事典 第2版の解説

オビクラゲ【オビクラゲ(帯水母) Venus’s girdle】

有触手綱オビクラゲ科の有櫛(ゆうしつ)動物(イラスト)。帯のように長くて扁平な形のクラゲ。暖海域に広く分布し,夏に相模湾や富山湾で採集される。大きなものでは長さ1m,幅5cmになる。体は寒天質で透明,体の中央に口が開き,その両側に短い触手が1本ずつある。8列の櫛板列のうち,4本は短く,残りの4本は長い。櫛板の繊毛を動かし体を蛇行させて泳ぐ。【今島 実】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオビクラゲ(帯水母)の言及

【クシクラゲ】より

…触手をもっておらず,ごくふつうに見られる。オビクラゲCestum amphitrites(イラスト)は,体が帯状で長さが1mになるものもある。暖海性。…

【クシクラゲ】より

…触手をもっておらず,ごくふつうに見られる。オビクラゲCestum amphitrites(イラスト)は,体が帯状で長さが1mになるものもある。暖海性。…

※「オビクラゲ(帯水母)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android