コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オピニオン・リーダー opinion leader

翻訳|opinion leader

世界大百科事典 第2版の解説

オピニオン・リーダー【opinion leader】

日常的なトピック(流行,買物,選挙など)に関して,周囲の人々の意思決定に対人的な影響を及ぼす人。1940年のアメリカ大統領選挙の際に,投票行動の調査を実施したラザースフェルドP.F.Lazarsfeldらによって名づけられた。影響を受ける相手はフォロアーとよばれる。オピニオン・リーダーは社会的地位や階層の点でフォロアーと同質的な存在であり,したがって彼らの影響は,全社会的規模での指導者や専門家による上から下への〈垂直的リーダーシップ〉とは異なり,〈水平的リーダーシップ〉として行使される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオピニオン・リーダーの言及

【マス・コミュニケーション】より

… ところが1960年前後になると,マスコミ研究者の間から,〈弾丸理論〉見直しの動きが強まった。なかでも有力だったのがパーソナル・コミュニケーションの実態調査をふまえたラザースフェルドらの〈2段階の流れ論〉で,マスコミはまずオピニオン・リーダーに受け止められ(第1段階),そこでろ過,変形,強調,反論付加などされてその周辺にいる集団メンバーに伝えられる(第2段階)ので,マスコミの影響力が直接に発揮されるというより,オピニオン・リーダーが対面集団face‐to‐face groupの中でもつ個人的影響personal influenceの方が大きい,とする理論である。これに対してクラッパーJ.T.Klapperは,多くの実験や社会調査の結果を総括して,人々の先有傾向predispositionを〈変化〉させる働きが強いのはパーソナル・コミュニケーションの方で,マスコミは先有傾向を〈強化〉する働きが強いという結論を引き出した。…

※「オピニオン・リーダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オピニオン・リーダーの関連キーワードコミュニケーションの二段階の流れアルト・タピオ パーシリンナサイレント・マジョリティーパーソナル・インフルエンスパーソナルインフルエンスヒー フェルホフスタットパブリックリレーションズオピニオン・リーダー情報のゲートキーパー産学官連携ジャーナルハウス・オーガン勅使河原 蒼風イノベータ理論アン ソンギシュピーゲル革新普及理論奥様重役制度オコーナー徳富 蘇峰笠 信太郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オピニオン・リーダーの関連情報