コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オピニオン・リーダー opinion leader

翻訳|opinion leader

世界大百科事典 第2版の解説

オピニオン・リーダー【opinion leader】

日常的なトピック(流行,買物,選挙など)に関して,周囲の人々の意思決定に対人的な影響を及ぼす人。1940年のアメリカ大統領選挙の際に,投票行動の調査を実施したラザースフェルドP.F.Lazarsfeldらによって名づけられた。影響を受ける相手はフォロアーとよばれる。オピニオン・リーダーは社会的地位や階層の点でフォロアーと同質的な存在であり,したがって彼らの影響は,全社会的規模での指導者や専門家による上から下への〈垂直的リーダーシップ〉とは異なり,〈水平的リーダーシップ〉として行使される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオピニオン・リーダーの言及

【マス・コミュニケーション】より

… ところが1960年前後になると,マスコミ研究者の間から,〈弾丸理論〉見直しの動きが強まった。なかでも有力だったのがパーソナル・コミュニケーションの実態調査をふまえたラザースフェルドらの〈2段階の流れ論〉で,マスコミはまずオピニオン・リーダーに受け止められ(第1段階),そこでろ過,変形,強調,反論付加などされてその周辺にいる集団メンバーに伝えられる(第2段階)ので,マスコミの影響力が直接に発揮されるというより,オピニオン・リーダーが対面集団face‐to‐face groupの中でもつ個人的影響personal influenceの方が大きい,とする理論である。これに対してクラッパーJ.T.Klapperは,多くの実験や社会調査の結果を総括して,人々の先有傾向predispositionを〈変化〉させる働きが強いのはパーソナル・コミュニケーションの方で,マスコミは先有傾向を〈強化〉する働きが強いという結論を引き出した。…

※「オピニオン・リーダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オピニオン・リーダーの関連キーワードコミュニケーションの二段階の流れアルト・タピオ パーシリンナサイレント・マジョリティーパーソナル・インフルエンスパーソナルインフルエンスヒー フェルホフスタットパブリックリレーションズ産学官連携ジャーナルオピニオン・リーダー情報のゲートキーパーハウス・オーガンイノベータ理論勅使河原 蒼風シュピーゲルアン ソンギ奥様重役制度革新普及理論オコーナーンドゥールケーサリー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オピニオン・リーダーの関連情報