コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフスクリーンメモリー おふすくりーんめもりー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オフスクリーンメモリー

ビデオカードのメモリーのうち、実際にディスプレイ表示に必要な容量を引いた、残りのメモリーのこと。解像度や表示色数によって、ディスプレイ表示に必要なメモリーの容量が変わるため、最大解像度でなければ未使用領域がオフスクリーンメモリーとして発生する。かつて、ビデオカード転送速度が低速だった時代には、バッファーメモリーとして活用された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android