コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフセット・クレジット(J―VER)制度

1件 の用語解説(オフセット・クレジット(J―VER)制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オフセット・クレジット(J―VER)制度

環境省が2008年から始めた制度。石油や石炭を、木片などの燃料に変えてCO2排出量を減らしたり、間伐などの森林整備でCO2吸収量を増やしたりした事業者は、認定を受ければ吸収・排出量をクレジットとして売ることができる。CO2排出量を減らすことが難しい企業は、クレジットを買うことで排出量の全量や一部を相殺(オフセット)することができる。

(2010-12-26 朝日新聞 朝刊 高知全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オフセット・クレジット(J―VER)制度の関連キーワード油砂環境省始めたるエコ・アクション・ポイント環境大臣エコアクション21集落支援員

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone