コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフライン・ティーチング オフライン・ティーチングoff-line teaching

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オフライン・ティーチング
off-line teaching

ロボットに作業を教えることを,教示またはティーチングと呼ぶ。このうち,言語や数値データで作業プログラムを作成する方式をいい,作業手順を命令語で記述し,必要な作業データを設計値により次々にキー入力していく。作業環境と作業内容がきちんとモデル化されていれば,この方式が有利である。これに対し,ロボットを実際に現場で手動操作で動かしながら,作業手順や作業データを教示していく方式をオンライン・ティーチングという。ロボットアームを直接動かして確認しながら教示するため,簡単で確実であり,比較的単純なシステムで採用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オフライン・ティーチングの関連キーワードロボット言語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android