オミナエシ(女郎花)(読み)オミナエシ(英語表記)Patrinia scabiosaefolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オミナエシ(女郎花)
オミナエシ
Patrinia scabiosaefolia

オミナエシ科の多年草で,秋の七草として有名。東アジアに広く分布し,日当りのよい山野に生える。高さ 1m内外,葉は対生し羽状に分裂し,裂片は細長くとがる。秋,茎の上部で分枝し,直径3~4mmの黄色い小花を多数散房状につける。花冠は短い筒状で,先が5裂し,おしべ4本,めしべ1本がある。近縁オトコエシ P. villosaは茎がやや太く,毛が多く,花が汚白色で全体が粗大である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オミナエシ(女郎花)【オミナエシ】

オミナエシ科の多年草。北海道〜九州の日当りのよい山の草地にはえ,東アジアに分布する。茎は高さ0.5〜1m,葉は対生し,羽状複葉で,裂片は細くとがる。夏〜秋,黄色の花を多数開く。花冠は5裂し,径3〜4mm,おしべは4個。秋の七草の一つ。これに似たオトコエシは毛が多く,葉の裂片は広い。花は白く,果実には包葉から変わったうちわ状の翼がある。名は前種に対応したもので,分布は日本全土。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オミナエシ【オミナエシ(女郎花) Patrinia scabiosaefolia Fisch.】

日当りのよい山野の草地に生えるオミナエシ科の多年草(イラスト)。秋の七草の一つとして古来より親しまれ,切花にされたり庭に植えられたりする。語源はよくわかっていないが,女飯(おんなめし)の意味で,花を粟飯(あわめし)にたとえたとする説がある。茎は直立し60~100cm。葉は対生し羽状に深く切れ込む。花は茎の先に多数つき散房状となり,8~10月に咲く。花冠は黄色,直径3~5mm,5裂する。おしべは4本。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android