コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オミナエシ(女郎花) オミナエシ Patrinia scabiosaefolia

3件 の用語解説(オミナエシ(女郎花)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オミナエシ(女郎花)
オミナエシ
Patrinia scabiosaefolia

オミナエシ科の多年草で,秋の七草として有名。東アジアに広く分布し,日当りのよい山野に生える。高さ 1m内外,葉は対生し羽状に分裂し,裂片は細長くとがる。秋,茎の上部で分枝し,直径3~4mmの黄色い小花を多数散房状につける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オミナエシ(女郎花)【オミナエシ】

オミナエシ科の多年草。北海道〜九州の日当りのよい山の草地にはえ,東アジアに分布する。茎は高さ0.5〜1m,葉は対生し,羽状複葉で,裂片は細くとがる。夏〜秋,黄色の花を多数開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オミナエシ【オミナエシ(女郎花) Patrinia scabiosaefolia Fisch.】

日当りのよい山野の草地に生えるオミナエシ科の多年草(イラスト)。秋の七草一つとして古来より親しまれ,切花にされたり庭に植えられたりする。語源はよくわかっていないが,女飯(おんなめし)の意味で,花を粟飯(あわめし)にたとえたとする説がある。茎は直立し60~100cm。葉は対生し羽状に深く切れ込む。花は茎の先に多数つき散房状となり,8~10月に咲く。花冠は黄色,直径3~5mm,5裂する。おしべは4本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オミナエシ(女郎花)の関連キーワード犬香薷女郎花雀の稗春女郎花丸葉萩女郎花合せ菊薊金鈴花日当りトモエソウ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone